映画・ドラマ

【ダークナイト】レイチェル爆死、なぜジョーカーは逆の場所を伝えたのか

【ダークナイト】レイチェル爆死、なぜジョーカーは逆の場所を伝えたのか

スポンサーリンク




バットマン3部作のうちの2作目、バットマンビギンズに続くのがこのダークナイトです。

僕が映画を見ていて気になったのはヒロインレイチェルの爆死について。

ジョーカーはバットマンに監禁したレイチェルとハービーの居場所を逆に伝えます。

バットマンはレイチェルを助けに向かうのですがそこにいたのはハービー。

ハービーを救出することはできましたがレイチェルは爆発に巻き込まれ爆死してしまいます。

なぜジョーカーは2人の居場所を逆に伝えたのか?

その理由について迫っていきたいと思います。

▽『ダークナイト』を見るならコチラ▽

『ダークナイト』を動画で今すぐ見る

 

レイチェルが爆死、問題のシーンについて。

物語の黒幕、ジョーカーが逮捕されました。

しかしハービーとレイチェルの2人はジョーカーの仲間によってそれぞれ別の場所に監禁されてしまいます。

ジョーカーの取調室に現れたバットマンはジョーカーを尋問し、2人の居場所を聞き出すことに成功し、バットマンは幼馴染で思いを寄せるレイチェルを、ゴードンはハービーを救出するためそれぞれ監禁場所へと向かいます。

監禁場所にはそれぞれ時限爆弾が仕掛けられており、そのタイムリミットはのこり5分を切っていました。

バットマン、ゴードンが監禁場所に到着するもジョーカーから伝えられていた2人の場所は逆だったんです。

バッドマンがハービー、ゴードンがレイチェルの監禁場所にたどり着いた直後、時限爆弾が爆発。

レイチェルはこれにより爆死、ハービーは命は助かったものの顔の半分に大怪我を負うのでした。

スポンサーリンク



ジョーカーはどうして2人の居場所を逆に伝えたのか?

ジョーカーの狙いについて

まず、ジョーカーの狙い、目的について考えていきたいと思います。

ジョーカーの狙いとは人間の中に潜む悪を引き出すことです。

つまり、今回だとゴッサムの正義のヒーローであるハービーを自分たちと変わらない悪党へと陥れることが狙いでした。

どうしたらハービーの内に潜む悪を引き出すことができるのか?

ジョーカーはハービーの最愛の人物であるレイチェルを奪うことで怒りや憎しみに支配され、悪党へと転落するのではないかと考えたのです。

レイチェルかハービーか、選択を迫られるバットマン

前述したジョーカーの狙いから考えると、バットマンに監禁された2人の居場所を逆に伝えたのは、レイチェルを爆死させるためです。

時限爆弾の残り時間はあと5分、バットマンが助けに行けば助かるかもしれない。

ただ2人は違う場所にいるため、バットマンはどちらか1人のところにしか行けません。

決断を迫られます。

ジョーカーはバットマンの正義感からおそらくハービーを助けに行くであろうと予想。

しかし尋問を受けている中でバットマンの中にレイチェルへの思いがあることに気づきます。

すかさずジョーカーは2人の場所を逆に伝えることでバットマンをハービーの場所に向かわせました。

レイチェル爆死、ハービーの怒りはゴードンへ

バットマンがレイチェルがいると思い向かった場所にいたのはハービーでした。

顔半分に大怪我を負うものの、なんとかハービーを助け出すことには成功します。

一方レイチェル、ゴードンが助けに向かっていたのですが間に合わず、レイチェルは爆死してしまいます。

レイチェルが爆死したことについてゴードンはハービーに謝罪するがハービーは受け入れられません。

そもそもレイチェルが拐われたのはゴードンの部下によるもの、警官の中にジョーカーの仲間、スパイが紛れ込んでいたからです。

ハービーの立場からするとレイチェルが監禁される原因を作ったのもゴードン、レイチェルを救い出すことができなかったのもゴードン。

ハービーのやり場のない怒りや憎しみの矛先はゴードンに向くことは想像に容易いです。

レイチェルを失ったハービーは豹変、正義のヒーローから悪党へ

レイチェルを失ったハービー、怒りと憎しみで殺人鬼へと変貌を遂げます。

まさにジョーカーの狙い通りです。

ハービーはレイチェルはゴードンの部下のせいで死んだ、自分だけが最愛の人を失ったのでは公平ではないと訴えます。

その後のハービーはゴードンの妻や子供たちを人質に取りました。

ゴードンの愛する人たちを人質に取り、自分と同じ思いを思い知らせるためです。

結果としてバットマンがゴードンの息子を救出しハービーは転落して命を落としてしまいました。

顔の見えるヒーロー、ゴッサムの希望だったハービーですが愛するレイチェルの死をきっかけに凶悪な悪党へと変貌を遂げてしまいました。

表向きはどんなに正義感のある人間でも、肩書のある人間でも心の奥底には闇の部分があるものです。

バットマンが存在するのは警察や正義では裁けないものがいるから、だからダークヒーローが存在しているわけです。

一体何が本当の正義なのか・・・、深く考えさせられる作品だったと思います。
【ダークナイト】レイチェルがブサイクすぎる!キャスト交代の理由はなぜ?
【ダークナイト】レイチェルがブサイクすぎる!キャスト交代の理由はなぜ? バットマン3部作の2作目、ダークナイト。 前作のバットマンビギンズからレイチェル役のキャストが交代になっているんです。 ...

レイチェルの爆死、ジョーカーはなぜ逆の場所を伝えたのかまとめ

いかがでしたでしょうか?

ジョーカーがバットマンに2人の居場所を逆に伝えたのはバットマンにハービーを助け出してもらう一方でレイチェルが爆死するというストーリーを作りたかったからです。

ジョーカーはバットマンがハービーを助けに行くだろうと思っていた。

しかし途中バットマンが助けに行くのはレイチェルだと気づきとっさに2人の居場所を逆に伝えました。

バットマンがレイチェルの元へ行けばおそらくレイチェルを救い出すことは可能だったでしょう。

しかしバットマンが向かったのはハービーの元。

その結果レイチェルを救うことができず、ハービーが怒り狂い悪党に転落するというまさにジョーカーの狙い通りになりました。

劇中でも触れていましたがジョーカーは人間の持つ欲望やお金では動かない。

何を考えているのかが読めない、常識や型に当てはめて考えることのできない人物だったわけです。

ジョーカーの目的は人間の中に潜む悪を引き出すこと。

ゴッサムのヒーローと言われた正義のハービーでさえ悪党へと転落していくのだということを証明したかった。

ラストでジョーカーは捕まることとなりましたがその目的は十分に達成されたのではないでしょうか?

ダークナイトではこのジョーカーとバットマンの駆け引き、勝負が見所ですが今回は個人的にジョーカーの勝利だったかなと思います。

▽『ダークナイト』を見るならコチラ▽

『ダークナイト』を動画で今すぐ見る

 

スポンサーリンク



こちらのお記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です