映画・ドラマ

【名探偵コナン】京極真の絆創膏の中身がプリクラなのはいつから?

【名探偵コナン】京極真の絆創膏の中身がプリクラなのはいつから?

スポンサーリンク



劇場版名探偵コナン紺青の拳で、京極真の絆創膏の謎が明らかになりましたね!

なんと中身は園子と撮ったプリクラ!男らしい京極真ですがこんな可愛らしい一面もあるんですね!

せーや
せーや
ただ気になったのは京極真は一体いつからこの絆創膏をつけているんでしょう?

 

本記事の内容

  • 中身がプリクラの絆創膏を京極真は一体いつからつけているのか
  • 京極真と鈴木園子の出会いや馴れ初め

ということで今回は京極真の絆創膏の謎や鈴木園子との恋愛エピソードについて見ていきたいと思います。

【名探偵コナン】紺青の拳で京極真の絆創膏に鈴木園子が激怒!

劇場版名探偵コナン紺青の拳で京極真の絆創膏について園子が激怒するシーンがありましたね。

それはレオン・ローによってつけられたミサンガを園子に見つかったときです。

「なんでミサンガなんてつけてるのか?今更だけどどうしてずっと絆創膏つけているのか!」

しかし京極真は園子にミサンガと絆創膏のことを聞かれても何も答えることができず黙ってしまいます。

ペンギン
ペンギン
ミサンガを誰か女の子からもらったんじゃないかって嫉妬しちゃったのかな?
せーや
せーや
別にやましい理由じゃないんだけど、京極真にとっては絆創膏もミサンガについても話すのが恥ずかしかったんだろうね。

結局何も話してくれない京極真に対して園子は「いつわりだらけの男に守られたくない!」と激怒してしまいます。

それ以来2人は喧嘩状態になってしまい距離を置くことに、しかしそんな状況でも京極真は常に園子のことを見ていて、彼女のピンチにはさっそうと現れましたね!

せーや
せーや
園子に対する愛を感じますねー!

【名探偵コナン】京極真の絆創膏の中身がプリクラなのはいつから?

名探偵コナン紺青の拳で園子に絆創膏について聞かれた時には何も答えることができなかった京極真ですが、物語の終盤にはその謎が明らかになります。

園子が京極真の絆創膏をはがしてみると、額にはシンプルに傷がありました。

しかしここで注目したいのははがした絆創膏の方です。

せーや
せーや
なんと!絆創膏の中身は京極真と園子が一緒に撮ったプリクラが貼られているではありませんか!

恥ずかしがりながらお守り代わりにしていたという京極真、男の中の男ともいえる彼ですが絆創膏の中にはこんな可愛らしい一面が隠されていたんですね。

ちなみにこの絆創膏について園子が言及したのには、京極真にとってこの絆創膏にはなにか特別な意味があるということを感づいていたからです。

せーや
せーや
空手の試合の前には必ず絆創膏に触れているんですよねー!しかもずっーとその絆創膏は貼りっぱなし…、さすがに何かあるんじゃないかと、怪しさが漂っていたわけです!

ではこの園子と京極真が一緒に撮ったプリクラはいつから絆創膏の中に仕込まれていたんでしょう?

アニメ266話「バレンタインの真実」で2人は改めて両思いであることを確認しあうのですがその後に2人で撮ったプリクラを絆創膏の中に貼ったのだと思われます。

それより前の226話「バトルゲームの罠」という回でも蘭やコナンと訪れたゲーセンで園子が京極真に送る手紙に貼りたいからとプリクラをとるシーンがあります。

しかしこれは園子1人で撮ったプリクラになるので、今回紺青の拳で絆創膏の裏に貼られていたものとは異なりますね!

せーや
せーや
とはいえもしかしたらこの裏にプリクラを仕込んだ絆創膏を用意していて、日替わりで付け替えているとか、その中には園子1人だけのバージョンもあったりして…なんて考えると面白いですね!

ちなみに京極真の初登場はテレビアニメ153~4話なんですが初登場の時からずっと左眉の位置に絆創膏を貼っていました。

しかしその理由についてはまったく明かされていなかったため、ファンの間でも永遠の謎となっていたんですが今回紺青の拳でついにその謎が明らかになったとというわけですね!

スポンサーリンク



【名探偵コナン】京極真と鈴木園子の出会い馴れ初めは?

そんな京極真と鈴木園子が出会ったのはアニメ153~154話「園子のアブない夏物語」です。

伊豆のビーチに遊びに来ていたコナン、蘭、園子の三人だったんですが近くの海辺で殺人事件が起きてしまいます。

園子はビーチで出会った寺林という男性に好意を抱いていたんですがなんとこの男が事件の犯人で、園子は襲われてしまいます。

ペンギン
ペンギン
そこに颯爽と現れ園子のピンチを救い出したのが京極真なんだね!
せーや
せーや
ちなみに放送は1997年なんでなんと今から23年も前のことなんですねー!

京極は以前空手の大会に出場した蘭を必死に応援する園子の姿を見て惚れてしまったようなんです。

一方の園子はというと今回の件をきっかけに京極真のことを意識し始め、付き合っていくことになるんですね。

ちなみに京極真が園子に告白した際のセリフがこちら

「必要以上に男を挑発するその下着の様な格好もできればやめるのを勧めたい
もちろんあなたに好意を寄せる幾多の男の内の一人の戯言として、聞き流していただいても構いませんが…」

ペンギン
ペンギン
えっ!?わかりにくすぎない!笑
せーや
せーや
しれっと自分が園子に好意があることを伝えているんですがだいぶ遠回りですよね。

その後の二人のラブラブっぷりはアニメ第266話~268話「バレンタインの真実」で描かれています。

恋がかなうといわれるチョコレートを作りに来た園子たちでしたが事件に巻き込まれピンチに、そんなときまたも颯爽と現れたのが京極真でした。

ペンギン
ペンギン
ライフルの弾丸をよけるっていうとんでもない身体能力を見せつけたよね。

どうやら園子に好きな男ができたのでは?と勘違いしその男を見極めるために来たという京極真。

せーや
せーや
チョコレートもその男に渡すと思っちゃったんですよね!

しかし園子が作っていたチョコレートは自分に渡すものだとわかり恥ずかしがりながらチョコを受け取るという二人のラブラブエピソードが描かれています。

せーや
せーや
ほんとに京極さんの嫉妬するシーンは面白くてたまらないですよね。
ペンギン
ペンギン
紺青の拳でもキッドのことを話す園子に嫉妬し持っていた槍をへこませてたね笑

【名探偵コナン】京極真の絆創膏の中身がプリクラなのはいつからなのかまとめ

今回は名探偵コナン紺青の拳で明らかになった京極真の絆創膏の謎について、一体いつからプリクラを中に仕込んでいたのか、また二人の出会いや馴れ初めについても見てきました。

せーや
せーや
京極真が絆創膏の中にプリクラを入れていたのはアニメ266話「バレンタインの真実」以降であると思われます。

京極真のアニメ初登場は153~4話、ここで2人は両思いになるわけなんですが京極真はまたすぐに空手の大会のため世界に飛び立ってしまいます。

その後再び172~3話でも京極真は登場するんですが2か月連絡がなかった京極に怒る園子が描かれています。

せーや
せーや
空手の大会が忙しかったんですね…。

その後226話で京極に送る手紙に貼りたいからと園子はプリクラを取りますがこの時は園子1人、この時点でも二人の仲はまだ一緒にプリクラをとるまでは進展していなかったでしょう。

せーや
せーや
となると266話「バレンタインの真実」で2人のラブラブっぷりが描かれた回、これ以降に二人で撮ったプリクラを絆創膏の中に仕込んだのだと思います^^

スポンサーリンク



こちらのお記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です