映画・ドラマ

【三度目の殺人】咲江の足の怪我の原因は?飛び降りたというのは嘘?

【三度目の殺人】咲江の足の怪我の原因は?飛び降りたというのは嘘?

スポンサーリンク



映画「三度目の殺人」、主要人物である咲江の足の怪我について、本人の主張や周囲の人間には屋根から飛び降りたことによる怪我だと言っています。

しかし弁護士側で調べたところ咲江の足の怪我は生まれつきのであるということ。

ここで咲江の怪我の原因についてズレ、食い違いがあります。

咲江の足の怪我が生まれつきだというなら屋根から飛び降りたというのは嘘なんでしょうか?

結局映画内ではその結論は言及されませんでした。

そこで今回はこの咲江の足の怪我の原因について、

  • 生まれつきなのか?
  • 小さい頃屋根から飛び降りたというのは嘘なのか?

考察していきたいと思います。

【三度目の殺人】咲江(広瀬すず)の足の怪我の原因、屋根から飛び降りたのは嘘なのか?

映画内で明かされることのなかった咲江の足の怪我の原因。

僕の結論としては小さい頃に屋根から飛び降りた時の怪我というのが真実であり、生まれつきというのが嘘だと考えています。

咲江は14歳になった頃から、父親からの性的虐待を受けていました。

足の怪我が生まれつきという情報は、おそらく虐待を隠すために両親がついた嘘だと思います。

虐待をする父親と自分の娘が酷い目にあっていても見て見ぬふりをする母親

そんな家庭環境、咲江が屋根から飛び降りをしたくなるには十分な理由です。

ですが飛び降りたことが明るみになればそこから父親の虐待が明らかになってしまう。

だからそれを隠蔽するために生まれつきだったのだと嘘をつき、真実を捻じ曲げたのでしょう。

スポンサーリンク



【三度目の殺人】三隅が言った咲江の虚言癖とは?

咲江を語るうえで切っては切り離せないのが三角との関係性です。
【三度目の殺人】真犯人は誰?三隅と咲江の共犯?2人の関係や動機とは

三隅は咲江の事を思い込みが激しい、よく嘘をつく、虚言壁があるといっています。

もしそれが正しければ足の怪我は小さい頃屋根から飛び降りたというのも本人の思い込みや嘘で、生まれつきであるという情報が正しいのかもしれません。

ですが咲江に虚言癖があるというは三隅が咲江を守るためについた嘘です。

三隅は、咲江が証言をすることで父親からの性的虐待について法廷で根掘り葉掘り聞かれ、彼女自身が傷つくことを避けたかったのです。

咲江は思い込みが激しくでたらめなことを言う、よく嘘をつく、重盛にそう思わせることで証言台に咲江が立つことを避けたかったのです。

また、咲江は自分を父親の虐待から守るために三隅が殺しをしたのだと発言することで、三隅の罪を軽くしようとしました。

急に三隅が殺しをやってない!犯人は自分じゃない!と態度を変えたのも咲江に証言をさせないためです。

なぜなら咲江の証言は三隅が殺しをしたこと前提で、その目的が強盗ではなく虐待をしていた両親から咲江を守るために殺したという方向にもっていくためのもの。

そもそも三隅は殺してないことを主張するのであれば咲江が証言する意味がないからです。

つまり咲江に虚言癖はありませんし、よく嘘をつく子だというのも間違いで、すべては三隅が咲江を守るための発言でした。

スポンサーリンク



【三度目の殺人】咲江の足の怪我の原因は?飛び降りたというのは嘘なのかまとめ

いかがでしたでしょうか?

以上のことから考察するに、僕の考えとしては咲江の怪我の原因は小さい頃屋根から飛び降りたときのもので間違いないと思います。

咲江に虚言癖があるというのも三隅が咲江を守るためについた嘘です。

そもそも生まれつきというのが本当ならわざわざ飛び降りたということにする意味が分かりません。

逆に飛び降りによる怪我なのに生まれつきだということにする意味を考えると、そこには虐待の事実を隠蔽、隠したいという両親の意図があるのでは?と推測できます。

よって映画内で明かされることのなかった咲江の怪我の原因ですが、僕は小さい頃に屋根から飛び降りたという本人の主張が正しいと思います。

スポンサーリンク



こちらのお記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です