映画・ドラマ

『億男』を考察!伝えたいことや何が言いたいのかよくわからない件

『億男』を考察!伝えたいことや何が言いたいのかよくわからない件2

スポンサーリンク



映画『億男』が金曜ロードショーで放送されますね。

佐藤健演じる一男と、高橋一生演じる九十九を始め北村一輝さんや藤原竜也さんなど豪華キャストが出演した話題作です。

そんな億男ですが見終わった人の感想としてつまらない、伝えたいことや言いたいことがよくわからないと言ったマイナスな意見も…。

そこで今回はこの映画億男について考えていきたいと思います。

億男がよくわからない、つまらないと言われてしまう原因とは?

原因として考えられるのは2時間お金とは何なのか?散々考えさせておいて答えが出ないことだと思います。

よく言えば余韻を残し、想像を引き立てるというか、いろんな考え方ができる映画。

悪く言えばよくわからなくてモヤモヤする映画です。

また、話が淡々としており説明が長ったらしいところがあったり何が言いたいのか、問題定義が終始わからないことも…。

このような原因から

  • 結局伝えたいことは何だったのか?
  • 何が言いたいのかよくわからない

と言われてしまうのではないかと思います。

そこで今回は映画を見ていて感じた伝えたいこと、この映画は何が言いたいのかを僕なりに考えてみました。

スポンサーリンク



億男の伝えたいこと、結局何が言いたいのか?

僕の考えとしてはこの映画の伝えたいことは

お金とは何なのか?本当に大切なものとは何なのか?を考えてみて欲しい。

そんなメッセージ性があると思っています。

この映画のテーマとなっているのは

『お金』

です。

2時間という上映時間の中、ひたすらこのお金とは何なのかを考えていく映画になっています。

だけど結論としてお金とは何なのか?その答えを映画内で出すことはありませんでした。

  • お金さえあれば全てがうまくいくと思っている一男
  • お金は人を変えてしまう、お金に振り回され流のは良くないことだと考える九十九
  • お金を持っている、それこそがステータスだと考えるあきら
  • お金は実体のないものだと考える百瀬
  • お金は神のような存在で全てのの人々が信じる宗教のようなものと考える千住

登場人物それぞれお金に対する考え方が違うわけです。

その結果映画ではこのお金とはなんなのか?について散々触れておきながらその答えについては言及しませんでした。

僕が思うにお金の価値とは信用です。

お金そのものに価値なんてないしみんながそれを価値あるものだと認めるから価値が生まれる。

でもって本当に大切なことはお金そのものではなくてお金の先にあるもの

それこそが目的であってお金はその目的を達成するための手段だと思います。

何のためにお金が必要なのか?欲しいのか?

例えばそのお金を使って家族を幸せにしたい、楽しい時間を過ごしたい。

そういったお金を使うことで得られる先の未来、つまり目的があるからお金が欲しいんですよね。

だからお金そのものに囚われ、執着すること。

目的を忘れ手段であるお金に目が眩んでは本末転倒です。

本当にその目的はお金がなきゃいけないのか?

お金があればいいことなのか?

立ち止まってよく考えてみて欲しい。

この映画の伝えたいこととはそんな感じなのかなと思いました。

億男を考察!伝えたいことや何が言いたいのかよくわからない件まとめ

億男を考察!伝えたいことや何が言いたいのかよくわからない件
いかがでしたでしょうか?

映画億男の伝えたいこと、結局何が言いたいのかというと

お金は手段であって目的ではないということではないかと思います。

だからお金にとらわれるのではなく自分にとって本当に大切なものとは何なのか?お金を使って実現したい目的、叶えたい未来とは何なのか自分自身で考えてみて欲しい。

そんなメッセージが含まれているのだと感じました。

映画億男がつまらない、よくわからないと言われてしまうのは映画内でお金とは何なのか?散々触れておいて答えを出さなかったこと。

結果として様々な考察、意見が出てきたと思うんですが見る人によっては非常にモヤモヤする終わり方だったと思います。

内容が薄い、単純につまらない、キャストが豪華だから何とか見れたと言った厳しい意見もありました。

個人的には面白いテーマだし、深く考えさせられるいい映画だったなと思っています。

スポンサーリンク



こちらのお記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です